夫に飽きてしまって毎日がつまらない女性の嘆き

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

夫婦として1年で飽きる人もいれば、夫婦として3年一緒にいても飽きない人もいるでしょう。

夫に飽きてしまって毎日がつまらない女性の嘆き

夫との会話が全く楽しくない

人間というのは、自分が無関心なものに対して反応しなくなる性質をもっています。そこで、夫が妻に対して関心が薄くなると、そもそも反応自体をほとんどしなくなってしまいます。会話を聞いても反応しないので、お互いの会話もなく、「一緒にいるのが苦痛」という状況になってしまいます。

2人が喧嘩をした場合には、女性は「話し合えば分かる」と思うかもしれませんが、男性の場合に「この人は話し合っても何も分からない」と諦めて無口になってしまう人が多いです。男女の違いでもあるのですが、夫婦のどちらかが無口になった場合には、もはや2人の仲が険悪である黄信号となります。

夫の体型がデブになった

夫の体型が結婚の時と大きく変化してデブになった場合には、愛情が冷めてしまうこともあるかもしれません。相手の体の変化というのは、愛情が冷めてしまう1つの大きな理由になってしまいます。

お互いに夜の関係がなくなることは、夫婦の関係が破綻していることを意味しています。男性側がデブになることもあるでしょうし、女性側があまりに男性と一緒にいすぎて、逆に男性の性欲を衰退させるということもあるでしょう。いずれにしても、2人の関係が破綻してからでは対処の仕方が限られてしまいます。

同じことの繰り返しが飽きる

男性と女性の関係も、全く同じことの繰り返しだと、本当に飽きてしまうものです。同じ友達とばかり遊びに行ったり、同じ場所にばかりいても飽きてしまうでしょう。動物園の像でさえ、狭い動物園にいて仲間とコミュニケーションをとらずにいると、寿命が4分の1ほどに縮んで20年で死んでしまいます。

自由に、色々な場所に出掛けて刺激を求めることは、健康的に長生きする上でもとても重要なことなのです。

生活に発展性がない

様々なところに旅行にでかけたりする夫婦であれば、外部からの刺激であったり、友人関係を豊富に持つことで、どんどん生活を豊かにしていくことができます。しかし、全く旅行にもでかけず、近場のイオンのような場所に行くばかりの生活だと、食べ物などに改善も見られません。

生活が改善・発展していかないと、それだけで「一緒にいてもつまらない」と感じる原因になってしまいます。夫婦以外の友達関係を充実させたり、友達と一緒に遊びにいくなど、夫婦関係以外の人間関係を発展させる方法を模索させるのも良いことでしょう。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告