メンヘラ女性と呼ばれる女性たちの特徴とは?恋愛依存症とも関係している

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

メンヘラ女性と検索すると、沢山の検索結果を得る事ができます。メンヘラ=精神崩壊と訳される事が多いようで、精神的に異常な状態に陥っている女性たちのことです。外見上は、見た目などを綺麗にしているので、メンヘラ女性と分かりづらいのですが、関わると巻き込まれて大変な思いをする可能性があります。

メンヘラ女性と呼ばれる女性たちの特徴とは?恋愛依存症とも関係している

ネガティブ思考で虚言癖があり、恋愛依存症でもあるというメンヘラ女性と恋愛・結婚するとなると、自分の人生が壊れてもこの人を支えたいという強い思いがないと本当に難しいです。1人の人に愛されて、結婚・出産などを経て落ち着く場合があります。

女性の多くが男性から見ると軽いメンヘラ女性に見えると言われていますが、重症になると客観的に見ても恋愛依存症と言われる症状になります。何歳になってもモテるメンヘラ女性ですが、実際に付きあうと困難だらけで、自分の人生の汚点になる可能性があります。彼女が自分ではなくて単に恋愛が好きという事実を含めて、全てを受け入れて絶対に結婚する気持ちがない限り付きあえず、最初はその気持ちがあったとしても、途中で自己防衛のために切り捨てる男性が多いです。

そもそも、メンヘラ女子にメロメロになってしまう男性の多くは、詐欺でも女性にひっかかる優しいタイプの男性が多いです。メンヘラ女性は、詐欺ではありませんが、本当に自分の人生を破壊するほどの破壊力を持つことがあるので注意が必要です。自分の仕事に影響したり、精神状態に影響したり、下手をすれば嘘で騙されて両親が巻き込まれたりすることもあり得ます。感情に支配されているので、何かを話し合ういうのが無理で、問題が起きても解決できないので、全てメンヘラ女子のペースに合わせて生き抜くしかなくなり、男性側も精神病になるケースがあります。

Adsense広告

1 . メンヘラ女子と付き合う難易度

メンヘラ女子と付き合う難易度は相手からのアプローチさえあれば極めて低めですが、付きあい続ける難易度は極めて高く、結婚生活を続ける難易度は普通女子の50倍以上と思った方が良いでしょう。本気で付き合うならば、メンヘラ女子が本当に大好きで一緒に死ねる!ぐらいの覚悟で付き合う必要があります。そして、それは自分の人生破壊に繋がる可能性を覚悟する必要があるレベルです。

あなたの人生をかけてメンヘラ女子を守り通すという覚悟があるのであれば、メンヘラ女子と恋愛する選択肢も悪くありません。ほとんどの男性は、メンヘラ女性の恋愛依存症、虚言癖、喜怒哀楽の激しいワガママなどにうんざりして、自分の人生を何とか防衛しようとして逃げ出してしまいます。男性が恋愛の達人級であったとしても、メンヘラ女性と付き合いを続けることは、難易度が異常に高いことなのです。仕事中に連絡が取れない事で寂しくなって、他の男性と連絡を取り浮気に走ったりします。

自分の頭の中で感情で物事を決めて、嘘をついて隠す傾向は、多くのトラブルを生み出します。例えば、自分の都合で突然に転勤することを隠して、いきなり遠距離恋愛になったりすることもあります。そもそも、感情で物事を判断するメンヘラ女性に話し合いが全く通じない上、本命彼氏を思う存分に振り回した挙句、本命彼氏に冷めてくると別の男に乗り換えるためにキープ君を持ちだして、他の男と平気でデートするようになります。

メンヘラ女性に巻き込まれると、ほとんどの男性の人生がボロボロになって破壊されていきます。メンヘラ女性は、自己中心的で精神的に病んでいるので、彼氏の将来の夢などどうでも良く、彼氏からエネルギーを吸い上げます。結果、男性の人生がどんどん暗転してしまう方向に向かっていき、長く付き合えば付きあうほど、深い傷になって男性までメンヘラ化していくのです。

お互いに共依存の状況が発生して、お互いにネガティブな感情を持ち合いながらも、お互いが必要だと思い合って依存しあうのです。自分を理解してくるような人としか付き合わないような状況に陥り、それ以外の人との付き合いを拒絶・遮断していきます。
 

2 . 話し合いが成立しないことが多い

何故かメンヘラ女子とは、話し合いがほとんど成立しないのです。「話し合いで解決」という手段を使う事ができないので、体で抱き合って解決という事の方が圧倒的に多くなってしまいます。話し合いで解決できないので、問題となった部分が放置されたまま、ずっと付きあっていかなければなりません。つまり、メンヘラ女子との付き合いは、彼女の全てを受け入れる以外に選択肢がなにもないのです。

「仲良く相手を説得して、俺が更正させてやりたい」と思う男性は、メンヘラ女子との恋愛に向いていません。更正させるというよりは、彼女の全てを受け入れて生涯も付き合っていきたいという男性の方が向いています。彼女が期待している結論以外に聞く耳を持たず、話し合いにならないので、受け入れるしかないのです。

何度、やり直したところで、メンヘラ女性は「相手に共感する能力」が欠如しており、何らかの問題が起こっても一緒に話し合いで解決する事がほとんど不可能です。一方的に怒ったり、一方的に泣いたりするだけで、友達・彼氏がすべて理解してあげる必要があります。どんなに成績が良くても、学歴が高くても、メンヘラ女性との話し合いが成立する事はなく、自分の感情で物事を判断するだけです。また、トラブルの原因が虚言癖による嘘であった場合、メンヘラ女性が明らかな嘘を絶対に嘘と認めないので、話し合いにもなりません。常に自分のことで精一杯、話し合いが成立しない事は、どんな問題も全く解決しませんので、長期でお付き合いをする上での最大の問題点になります。

メンヘラ女子の事が大好きになった男性は、全てを受け入れようとして頑張りますが、メンヘラ女子に振り回された挙句、自分までメンヘラ男子と化して精神的に病んでしまうという彼氏が沢山います。メンヘラ病というのは、伝染するのです。

3 . メンヘラ女性に支配され精神崩壊

メンヘラ女性とある程度の期間以上の付き合いを持ってくると、自然にメンヘラ女性のペースに飲み込まれて、支配されるようになって(そうでないと長期間付きあえない)いくので、男性の側も精神的に不安定になっていきます。24時間をメンヘラ女性のために捧げないといけないので、仕事・プライベートに大きな影響が出てきます。メンヘラ女性と付き合う事で、自分もメンヘラ女性との共存関係になり、友達が激減するので、別れた後に友達がほとんどいないメンヘラ男性となっていくのです。

メンヘラ女性と別れる頃には、精神的にボロボロになって、自分もメンヘラ男性化してしまっている場合も多いです。メンヘラ女性の性格の特徴は、付きあっていた自分にも表れ始めるのです。メンヘラ女性から依存されていたと思っていたのに、自分もメンヘラ女性に依存している「共依存の状態」になっています。そして、その影響が別れた後にまで大きく残る事になりかねません。

メンヘラ女性は、基本的に自分の価値観を彼氏と共有できると信じています。彼氏と共有できないだけで「運命の人ではない」と決めつけてしまいます。メンヘラ女性の考え方を常に伺って、それに合うような形でプランを組まなければ機嫌が悪くなったり、黙り込んだりするので、とても手に負えません。相手がメンヘラだと思っていたら、自分もメンヘラになっていたという事が良くある話なんです。

メンヘラ女性と付き合ったり、結婚することになると、一緒にいる男性がまるで両親のようになってしまう事があります。メンヘラ女性を愛する男性が「俺が救わないと」と意気込んでいても、とにかくメンヘラ女性を構い続けないといけないので、仕事どころではなくなったり、友達と遊びに行く事もできなくなってしまいます。挙句の果てには、自分の精神状態を保つことも難しくなる可能性があります。

Adsense広告

4 . 彼氏がメンヘラ男性化していく

メンヘラ女性は、伝染していくと言われています。精神が病んでいる人と一緒にいると、それが当たり前のようになっていき、精神が病んでいくのです。男性は、場合によって多くの女性から愛されることを求めて、多くの女性と同時に付き合い、女性を優先して愛情を注ぎ続ける役割を演じます。それを続けていると、感覚がどんどん麻痺していく事になります。

メンヘラ女性と付き合っている男性の多くは、メンヘラ男性となっているのです。後からなったのではなくて、最初からメンヘラ男性だったのかもしれません。それは、恋愛依存症の女性と、回避依存症の男性が惹かれあうのと同じ構造です。20代のうちは、熱い恋をしているようで面白さもありますけど、結婚適齢期の20代後半~30代になってくると、深刻な問題になる事も多いでしょう。

年齢を重ねるに従って相手をしてくれる異性の数は確実に減少していくので、それに伴って苦悩がなおさら増えていく事になります。多くの人が言っているとおり、メンヘラ女性が治療するには、自分で精神科にでも通って治療しようと決意するしかないのです。また、周囲の人がメンヘラ化しないための方法は、メンヘラと離れることしかないのかもしれません。

メンヘラ彼女と長年付き合っていた彼氏でさえ、別れる頃には精神的なダメージが大きくなり、もうメンヘラ彼女と連絡する気力すらなくなって逃げ出したくなってしまう事が多いです。そうしなければ、自分の人生を破壊されるという危機感がそうさせるのです。自分の人生とメンヘラ彼女を天秤にかけて、自分の人生を選択せざる得ない状況に追い込まれてしまうということが多いです。

5 . 恋愛依存症である

メンヘラ女性は、誰かに依存することで自分の寂しさを紛らわせたり、自分の自信に繋げようとしています。特に恋愛依存症になっている事が多くあり、メンヘラ女性=恋愛依存症となっていることが多いです。自分に特に趣味がない状況で、彼氏=趣味となってしまって、彼氏の監視状態になります。彼氏のいう事が全てになり、彼氏色に染まって一体感を味わいたいと考えています。

自分に自信がないので、外見を小奇麗に着飾って、彼氏と付き合うと彼氏依存になってしまいます。常に彼氏の事ばかり考えて、友達といるときにもスマホを手放そうとしません。彼氏の予定を最優先に考えるので、友達のことなど頭の片隅にもなくなってしまいます。構ってくれる友達に返事を返したり、一緒に遊んだりする事はありますが、友達と一緒にいても楽しくなさそうにしているので、ほとんどの友達が離れていきます。

一緒に遊んでいる友達からは、スマホばかりを見ている女性と一緒に遊んでも楽しくないと思われるので、誘われる回数が激減して、ますます彼氏が中心の生活になっていきます。彼氏に対してLINEを大量に送り付けて、返事が遅いだけで催促したり、電話したりします。メンヘラ女性と付き合うには、人生の全ての空き時間を彼女のために使う根性が必要です。

恋愛依存症は、恋愛に依存した女性が多いとされており、尽くしたがり屋の女性になります。回避依存症と呼ばれる誰かに構って欲しいと思っている男性と惹きあいます。恋愛依存症の女性と、回避依存症の男性ペアというのは、良く見かけるカップルとして、美男・美女カップルも多いとのことです。愛したい女性、愛されたい男性で惹かれあうのですが、性格的な欲求のみで惹かれあうカップルなので、その関係はほぼ必ず破綻します。

あなたがいないと生きていけないというメッセージに男性が燃え上がっていれば、将来も付添えるパートナーとして適役になりますが、ほとんどの男性が「この女性と一緒にいたら俺の人生は破壊されてしまう」と感じて逃げてしまいます。メンヘラ女性から逃げないと自分の将来が危なくなるからです。

6 . 続きはNoteで購読ください。

続きをNoteの記事で販売しています。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告