女性の「友情」を男が勘違いする理由とは?男女の友情は成り立つか?

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

女性が男性と2人でデートするのは、「仲の良い男友達」だと思っていることも多いです。魅力的である女性が男性に興味を持ってくれると、男性の多くが「勘違い」を起こしてしまいます。恋愛経験が少ない男性はすぐに勘違いを起こし、恋愛経験が豊富な男性ですら魅力的な女性の前に突き進んでしまうことが多いのです。

女性の「友情」を男が勘違いする理由とは?

魅力的な女性というのは、男性の友達からすぐに惚れられてしまうので、それで困ってしまうということも多いように思います。男性から見て魅力的な女性というのは、男性に対してニコニコと愛想が良くて、男性ウケしやすいタイプになっています。

女性は性的アピールを「男女の友情である」と思っていますが、そこに性的アピールが介在している限り、それは友情ではなくて「性的な対象」でしかないという事実があります。

男性に人気がある性依存の女性

男性に人気があると言っても、それは「女性が性的な魅力を出しているから」です。男性と言うのは、本能的に性的に魅力的に見える女性に近づきたいと思うようになっているのです。女性が性的なアピールをしているにも関わらず、それに男性が大きく反応すると、ナゼだか嫌悪感を示すようになります。

ある意味で、女性の性的なアピールは、男性に対するテストでもあると言えるかもしれません。あなたは、私の魅力にどこまで我慢できるの?というテストです。モテない男性は、すぐに犬のように我慢できなくなってしまいます。モテる男性というのは、それに無反応で我慢し続けることができます。

性的に魅力的な人の寂しさ

性的に魅力がある人というのは、男性とは友情がなかなか成立せず、女性に嫉妬されて友情が成立しないので、そもそも「誰とも友情が成立しづらい」という状況になってしまう可能性があります。それは、寂しさを生み出す要因になってしまうでしょう。

性的な魅力で男が釣れない女性というのは、優しさ・気遣いで勝負を挑むしかないわけですけど、20代のうちに性的魅力で異性を釣れた人であっても、30代になると性的な魅力だけで異性を釣ることが難しくなってきます。そういう現実に直面した時、人間の本性があらわになるわけです。

表面上の友情を成立させる

魅力的な女性というのは、異性の友情を成立させるために、様々な方法を用いようとします。例えば、既婚者であれば、別居したまま離婚せずに放置しているなどいうこともあるでしょう。フリーの状態で男性を利用するより、既婚という事実がむしろブレーキになり、「自由になれる」空間が作られたりするのです。

男性が性的に魅力が無い、もしくは将来性が薄い女性に対して時間を使うのは、単なる時間の浪費と考える傾向が強くあります。

相手の気遣いあっての楽しさ

異性からモテる男性、女性というのは、相手が気遣ってくれるから、自分が楽しく過ごすことができます。逆に言えば、相手の気遣いがなければ、楽しく過ごすことができないのです。つまり、性的な魅力を発する男女が、気遣い上手な人を引き寄せて、「お互いに相依存している」と言えるかもしれません。

男女ともに年齢とともに自分の外見的な魅力は失われていくことになり、友人だと思っていた人からの気遣いが少なくなっていくことになります。そうなった時、自分が気遣いできる人間にならなければ、誰からも相手にされずに孤立するということが起こってきます。

相手に気を遣わせている

魅力的な男性、女性というのは、相手に気を遣わせることに長けているというよりは、自然にそのようになっているということもあるでしょう。

性的な魅力を上昇させる

男性が逆の場合でも、性的な魅力を上昇させれば、女性を上手にコントロールすることができる。それなりのイケメンが筋力を付けて、服装に気を遣っていれば、女性はその男性に気を遣ってくれる。女性の側から連絡が来るようになり、主導権を握れるということでもある。

恋愛というのは、結局、どちらが魅力的かを勝負している場面でもあります。自分の魅力をあげて、相手の魅力を凌駕できるようになれば、それで相手からコントロールされることがなくなります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告