女性からモテる「面白い男性」は何が違うのか?

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

女性からモテる「面白い男性」は何が違うのか?

女性と仲良くなりたければ、とにかく挨拶をして、話を切り出していくことです。女性に挨拶をして、話を切り出していかなければ、女性と仲良くなることはできません。

自分の人生を楽しんでいる

自分の人生を楽しんでいるという人は、周囲に人が集まってくる傾向があります。楽しい人と一緒にいたいというのは、誰しもが求める欲求の1つです。

会話が楽しくない人の特徴として、自分の人生が楽しめていないということがあります。自分の人生を楽しめていない人は、その会話の内容もやはり「つまらない内容」になってしまいます。毎日、単調な生活を過ごしている人というのは、会話から出る話題も単調なものになってしまいます。

男性側がサービス提供する

最初の前提となるのは、「男性側がサービスを提供する」ということです。女性が会話のサービスを提供したのでは、これはキャバクラになってしまいます。男性は、ホストクラブのホストにでもなった気持ちになり、上品に振舞いながらも、相手に好印象を残すことを目標にしていきます。

初対面の人に対しては、名前をきちんと覚えて「名前で話しかける」ということを徹底したり、挨拶をして相手のことを聞き出す(相手に焦点を当てる)ということを行います。相手の特徴を見つけて、相手について興味・関心を持つことは、会話をして仲良くなる上で大切な要素になります。

コミュニケーション能力を磨く

いつも自分のコミュニケーション能力を磨き続けるためには、多くの人と会話していくことに尽きます。良く「会社で営業成績トップ」というレベルで自慢をしたりする人がいますが、世の中に会社はいくらでもあり、井の中の蛙になってしまいます。常に上を目指してコミュニケーション能力を磨き続けていきましょう。

コミュニケーションを面倒だと思わないことです。積極的にコミュニケーションをとる事で、人生がどんどん楽しい方向に向かっていきます。コミュニケーションを面倒だと思わないためには、自身の体調管理など(眠い状態で相手に話しかけることは労力を使う)が大切になります。

自分の生活に余力をもつこと

自分の生活(時間・お金・精神)に余力をもつことは、積極的に相手にサービスをする意味でとても大切になります。自分の生活に余力を失ってしまうと、誰かと会った時にも無愛想になってしまいます。そうすれば、せっかくの良い出会いのチャンスを逃すことになりかねません。

自分のコンディションをベストな状態に保って、自分の周囲の人に笑顔でいる人は、「話しかけやすい雰囲気」を出すことができます。仕事に集中するからという理由で、仕事中に疲れた表情をして、周囲に構わないでいると、「何を考えているか分からない怖い人」という印象を与えてしまいます。そうすると、仕事で誰もサポートしてくれないということになります。

楽しい人は、笑顔で爽やか

楽しい職場というのは、楽しい人というのは、その場にいて明るい人たちです。逆に自己中心的な人というのは、周囲の人を全く何も考えられない人です。仕事で「今日もよろしくお願いします」と挨拶するだけの人は、3流どころか4、5流です。挨拶に加えて、何か話題を広げて「会話」をしようとすれば、どんどん仲良くなることができます。

周囲に慕われる人気者に共通していることは、自分からどんどん話しかけるタイプであるということです。自分から話しかけないタイプというのは、相手から話しかけられるのを待っているばかりです。20代美人ならそれでも良いでしょうけど、良い巡り合いが天から降ってくるわけではありません。

女性から話しかけられる存在になる

女性から話しかけられる存在になるためには、「最初のうちは自分からどんどん話しかけていく」ということが大切です。楽しい雰囲気を持たない人に話しかけたいと思う人はいません。表情が硬い人、表情が怖い人、話しかけてくれない人に好感を持つ人などいません。つまらなそうにしている人に近寄りたい人はいません。

楽しそうな顔をして、充実した顔をして過ごすことが大事です。相手に好感を持たれるような顔つきをすることが大事です。誰に対してもオープンマインドで心を開いて接することが大事です。そうすることで、女性の側も警戒心をなくして、普通に接するようになってくれます。何より「目を合わせた時に微笑む」というのが大事です。

会話を自然に楽しむことができる

女性というのは、自分の話をするためにも、先ずは男性側に会話のトピックをリードして欲しいと思っています。女性に対して自分から話を始めたり、質問をしたりすることで、会話の主導権をとっていきます。女性に対して最大の興味を持って接することができれば、どんな女性とも仲良くすることができます。

会話を自然に楽しむというのは、不自然さがないようにすることでもあります。不自然に褒めたりしても、相手が喜びを感じるどころか警戒感を持ってしまいます。あくまで、自然に接するためには、「自分が楽しむ」ということが大切になるでしょう。

話しかけて欲しい顔をする

誰かに対して「話しかけて欲しい顔をする」ということは、誰かに話しかけて貰う上で大切になります。表情で相手に微笑んだり、ニコニコしていればいいのです。女性が良く使うテクニックの応用バージョンと言えるでしょう。

自分から話しかけると同時に、相手に離しかけて欲しい顔をするのです。そのことで、相手から離しかけて貰えたらラッキーということになります。

話題が極めて狭い範囲に限定される

会話が面白い人というのは、話題の範囲が広範囲に及んでいきます。そのために、会話をしていても、新しい発見と面白さがあります。行動範囲が狭い人というのは、それだけで話題の範囲が狭い人になってしまうので、面白い会話を展開することができません。面白い会話を展開するには、行動範囲を広くする必要があります。

話題が限定されている人は、相手との会話が広がらないという特徴があります。相手との会話が広まらないと、「つまらない人」認定を受けてしまいます。つまらない人と一緒にいたい人などいませんので、つまらない人は「誰からも誘われない」ということになってしまいます。

女性に共感してからの会話の展開

女性に共感を示すことは、男性がモテる会話をする上でとても大切です。女性が何かに文句・不満を言っていたのであれば、とりあえずその話を聞いて共感を示すことが大事になります。「とりあえず、相手の話を聞けるようにする」ということは、信頼関係を構築する上で重要になります。

会話が面白い人のチャンス無限大

会話が面白い人の周囲には、人がどんどん集まってくる傾向があるので、プライベート、ビジネスのチャンスもどんどん広がっていくことになります。自分から離しかけて、どんどんポジティブに活動する人には、周囲に人が集まってくる傾向があるのです。

人間力をもっと磨くこと

人間力というのは、寛容性ということでもあります。人間力を磨いておかないと、コミュニケーションをとっていく段階で「世界観が狭いつまらない人」だと思われてしまいます。

面白い人に情報が集まる

周囲に人間関係がきちんと構築された人に対しては、情報がどんどん集まっていく傾向があります。そのことは、プライベートの遊びの充実にも役立ちますし、ビジネスにも大変に役立つことになります。

仕事の話をしない「雑談力」

誰かと信頼関係を築きたいと思う時には、ビジネスの話をするのは避けるべき行為になります。誰かと仲良くなりたいと思った時、なるべくどうでも良い雑談を展開することで、心理的に距離を近づけていく必要があります。

コミュニケーションで大切になるのは、何よりも「雑談力」になります。相手の緊張感を解くためには、なるべく「くだらない話題」を振りまいて、相手の反応を見る必要があります。

自分の失敗談の方が面白い

自慢話をするのではなくて、自分の失敗談を話した方が多くの場合に「面白い」と思って貰えます。人は誰も他人の自慢話などほとんど興味がないのです。失敗した話ならば、一緒に笑って貰えることができて、相手の心も和ませることができます。

「私の人生は、こんなこんなで失敗だらけでした」と言われると、そこに対して同情が沸くというか、少なくとも自慢話をされるよりも気分が良くなるものです。

相手に合わせた雑談ができる

相手に合わせた雑談が出来る人というのは、面白い人ということになります。相手に合わせた話題を提供するためには、日頃から多くの情報を集めておかなければいけません。日頃から、様々なことに興味・関心をもっていればこそ、会話する人が「面白い」と感じてくれるような会話をすることができます。

面白い生き方は必修

面白い生き方をしていなければ、面白い話などできるはずもありません。

適切な距離感を大切にする

男性に比べると、女性はどうしても警戒心が強くなってしまうものです。最初から接近しすぎず、「それなりの時間を覚悟」する必要があります。初対面でそれなりに親しくなるのは、相当に難易度が高いと思った方が良いでしょう。特に年齢が離れていたり、社会的立場が異なっていたりすると、急速に仲良くなるのは難しいです。

世の中の多くの人はつまらない

世の中で「この人と一緒にいると面白い」と言われる人というのは、10人いたら2人ぐらいしかいないでしょう。多くの人は、誰かと一緒にいても面白い話ができないので、「つまらない人」の認定を受けてしまいます。つまらない人と一緒にいたいと思う人はいないので、つまらない人は遊びに誘われることもありません。

人生を楽しい方向に向かわせる

とにかく、遊んで、遊んで、遊んでいる人というのは、人生を楽しそうに過ごしているように見えます。楽しい遊び方を知るには、遊ぶしかありません。自分が楽しめてもいないのに、人を楽しませることができるはずがありません。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告