女性の恋愛相談を受けていると彼氏になりやすい理由

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

女性から恋愛相談を受けた場合には、紳士的に恋愛相談にきちんと乗ってあげるのが良いでしょう。微妙だと思う相談であったとしても、真面目に応じてあげて損になることはありません。

女性の恋愛相談を受けていると彼氏になりやすい理由

女性が恋愛相談をしている男性というのは、話しやすくて、知的な面を持っていて、信頼している人が多いです。このような男性といのは、周囲から人気がある「モテる男性」であることが多いです。

女性は気になる人に相談する

女性というのは、男性よりもしたたかな側面があり、何とも思ってない人よりも「少し気になっている人」に相談することが多いです。相談していると言っても、少し下心を持ちながら相談を持ちかけることが多いというのが女性の本音なのです。

女性の相談に対しての応え方

女性の相談を受けたら、全面的に女性の側にたって、応援したり、励ましたりするというのが良い対応になります。間違っても、女性を批判したり、女性の行動を正そうとしたりしてはいけません。そんなことをしても、男性には何のメリットもありません。素直に応援してあげればいいのです。

女性が聞きたい言葉というのは、「頑張って」という言葉であったり、「応援している」という励ましの言葉です。その上で、結論は女性自身が導けばいいのです。

女性の警戒心を下げられる

女性の警戒心を下げるためには、相談を聞くのは最も良い方法となります。相手の相談の中で、相手のキャラクターを知ることができるからです。相手が自分のことを話せば話すほど、秘密を暴露すればするほど、相手の脳内では、この人を信頼しているから自分が話しているということに置き換わっていきます。

女性からの恋愛相談がきたら、女性と「仲良くなれるチャンス」が舞い込んできたと思って、女性の話を積極的に聞くようにしましょう。一般的に女性というのは、警戒心がとても強いので、仲良くないのにペラペラと自分の話をしてくれたりすることがありません。つまり、女性と仲良くなるハードルは一般的にかなり高いのです。

女性の恋愛相談はチャンス

女性が恋愛相談をしてきた場合には、「女性と仲良くなる絶好のチャンス」となります。女性が彼氏、夫の悩みを相談してきた場合には、とにかく真剣に、冷静になって話を聞いてあげるのが良いでしょう。大切なことは、相手を思い切り励ますことであり、下心など出してはいけません。

恋愛の相談役を引き受けて、カフェで良くお茶できる関係を構築することができれば、それだけで恋愛に発展させることができるようになります。モテる男性ほど、女性の相談を良く引き受けているものです。女性の相談を引き受ければ引き受けるほど、女性から信頼を得て、付き合える可能性は高くなります。

女性が何でも話せる相手を好きになる

女性というのは、何でも気軽に話せる相手を好きになる傾向があります。何でも気軽に話せる相手になることで、それだけで女性が男性のことを「この人は特別」と特別視してくれるようになります。女性が自己開示をしているだけで、「この人は特別」と思うようになるのです。

女性が「自分らしくあれること」を好意の基準にしてしまうことは良くあることで、「この人と言るとリラックスして自然な私でいられる」と思えば、それが好意に変身していくことが多いのです。リラックスできない関係というのは、簡単に破綻してしまいます。

外見上の魅力を補うことができる

自分が外見上の魅力が少ない場合にも、女性からの相談を真剣に受けることは大変に有効です。外見上の魅力が伝わらないということは、長期戦に持ち込む必要があり、そのために女性からの恋愛相談をきちんと受けるということが重要だからです。

女性の恋愛パターンが分かる

女性の恋愛相談を受けることで、どんなタイプが好きであるか、どんな風に好きになるか?などのパターンを分析することができます。女性のパターンを分析したら、それにあわせる形で自分のアプローチ方法を考えることも容易になっていきます。長期でやり取りしていれば、ワンナイトがOKということも起こりうることになります。

そこにプラスして、相談を受けた男性が「自分ならこう考える」という自分の意見を刷り込んでいくことにより、影響されやすい女性ならば、男性の好みにどんどん変化を見せていくことになります。

相談相手に翻弄されないようにする

相談相手の話を真剣に聞くことは大切ではありますが、真剣に聞いているうちに自分が巻き込まれるということは避けた方が良いでしょう。一定の距離感を保ちながら相談を受けることを徹底しておかないと、あとで大変なことになりかねません。例えば、仕事ができない人の悩み、相談を受けているうちに、自分まで仕事ができなる可能性があります。

恋愛で付き合うのは、同じレベルの人しか付き合うことがありません。相談をきちんと受けることができるのは、レベルが釣り合っていた場合のみであり、レベルがあまりにかけ離れていると、会話にならないことも生じてしまいます。

相談してくる相手を好きになってはダメ

相談してくる相手のことを好きになってくると、まともに相談を受けられなくなってしまいます。相談相手を本気で好きになってしまうようでは、相手の手のひらで転がされてしまいます。相手には本命の男性がいて、相談している男性はセカンドに過ぎないからです。そのセカンドの男性が本気になったら、都合よくキープされてしまいます。

相談してくる相手の女性に翻弄されないためには、相談されたからと言って相手の女性に集中しすぎたり、相手の女性に夢中になってはいけないのです。そんなことをすると、相手の女性は「この男性は格下」とみなしてキープされてしまうか、警戒心を持たれることになってしまいます。

半年から1年を見据えた長期戦略

女性からしても、真剣に相談している男性というのは、恋愛対照になり得る男性である場合が多いです。彼氏との仲が悪くなった時には、すぐに恋愛対照になっていくのは、最も近い男性=相談相手の男性ということになります。つまり、女性の近くにいて相談を受けることは、それだけで彼氏候補になる可能性が高くなるのです。

大切なことは、女性に近い位置をきちんとキープしておくことです。しかも、近い位置をキープしておくだけで、女性に対して積極的に何かアクションを起こす必要はありません。女性の求めに応じて、相談に乗ったり、友達として仲良くしておけばいいだけなのです。

恋を焦らないことによるメリット

何事も焦るとうまくいかなくなってしまいます。焦らずに腰をすえてじっくりと取り組んでいけば、人間関係もうまくいくようになっていきます。恋愛対象だと思った人とは、とにかくじっくりと連絡を取り続けることです。

とにかく、女性がいるコミュニティの中に入り続けていないと、恋愛はうまくいかないのです。その上で、男性側が余裕を持って女性に対処することで、お互いがリラックスした状態になり「本音で話し合いができる」という状態になります。

女性が好きな相手を試すために使う

女性が好きな相手を試すために、もしくは好きな相手の手口を探るために「恋愛相談」を持ちかけることもあります。女性が男性に対して何でも暴露してしまったり、恋愛相談をしてしまうことは、女性にとってイメージ低下、男性からマイナス印象を抱かれてしまう可能性を高めてしまいます。

もしくは、男性に対して何か接点を持ちたいにも関わらず、「自然に話す接点が何も見つからない」という場合に、女性が好きな相手に対して「恋愛相談」という名目で相談を持ちかけたりすることもあります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告