男性と2人きりで会う女性心理とは?

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

男性と2人きりで会う女性心理とは?

デートしすぎると緊張感がなくなる

2人で何度もデートに行って付き合うことにならないと、お互いに「無駄な時間を過ごしている」という感覚になります。大人の男女であれば、2人の関係がすぐに進展して、付き合うことになることが多いからです。

男性の側が積極的にアプローチをしてこない場合には、「デートはいいけど、付き合うのは微妙」と考えている場合もあります。

自分の悩みを聞いて欲しい

2人きりで会う女性は、自分の悩みを聞いて欲しいと思っていることが多いです。女性は、自分の人間関係から、「この男性であれば、相談を持ちかけても大丈夫そうだ」と思って相談していることが多いです。そのため、「女性が2人で出かけて相談ごとを持ちかける」ということは、女性から大事にされていたり、女性から信頼されている男性ということができます。

どこにデートに行こうとするのか

男女が2人で出かけると言っても、その場所によって意味が大きく異なってきます。カフェ、食事の程度であれば、女性は特に好意がなくても気軽に応じてくれることもあるでしょう。その場合、あまり時間がかからないようにして「撤収」していくことが多いです。

男女が2人で行くようなデートスポットに行こうということであれば、「脈あり度合い」が高くなります。遊園地、水族館、夜景などの恋人と2人で行くようなデートスポットに行くようであれば、女性の好意が高い可能性があります。

いつデートに行こうとするのか

デートの日程を合わせてデートに行きたいという場合には、相手の本気度が高いということになります。休みの日を使うということは、それだけ優先度が高いということになるからです。

女性の本気度がそれほど高くない段階である場合には、自分のついでに会おうとします。例えば、自分の仕事の帰りに会おうと言ってきたり、当日になって時間があるから会おうと言ってきたりするということです。会いたいという意思はあるので「好かれている」ことは事実ですが、恋愛感情があるかどうかは不明です。

デート時間を長引かせようとするか

男性に興味・関心が強い、もしくは好きになっている女性であれば、できるだけデートの時間を長引かせようとする傾向があります。気になる人、好きな人とは、「少しでも一緒にいたい」という心理が働くものです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告