モテる男性になるための希少性の演出

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

男性は、希少性が高い方が圧倒的に女性にモテるようになります。女性は、希少性の高い男性を好きになる傾向があります。

モテる男性になるための希少性の演出

大多数と違う存在であること

大多数と同じような存在である男性に対しては、女性は魅力を感じる事がありません。「この人は他の男性とは違う」と信じることができれば、その男性を強く意識するようになったりします。そのためには、「ほかの男性との違い」を常に意識しておく必要があります。

希少性の演出を上手にできる男性は、多くの女性から言い寄られることになります。逆に「どこにでもいそうな男性」に思われると、女性から全く相手にされないようになってしまいます。希少性の演出を上手に行って、多くの女性を魅了できる男性になりましょう。

普通の男性にそもそも興味が持てない

最近の若い女性の多くは、海外旅行などにも積極的に出かけて行くアクティブさを持っていて、「普通の男に関心が持てない」という状況になっています。相手の希少性を感じなければ、女性は全く男性のことを相手にしたいとも、下手をすれば「友達になりたいとも思わない」という状況が生じてしまいます。

女性からの連絡がくる

世の中の多くの男性のところには、「女性から積極的に連絡がくる」ということがありません。それは、希少性が高くなれば、女性から連絡が来るようになります。希少性が高い若い女性に対して男性から沢山のアプローチが来るのと同様、希少性が高い男性に対しては、女性から積極的なアプローチがあるものなのです。

女性というのは、基本的に自分が興味ある男性にしか積極的に連絡をしたり、話題を作ったりしないものです。逆に言えば、女性から積極的に連絡をしたり、話題を提供するということは「あなたに興味がありますよ」と言ってるようなものでしょう。

女性にとりあえず連絡を取る

女性に連絡を取り続けることは、「その女性にとっての希少性」になります。連絡が取れそうな女性に対して、連絡を継続していくことは、女性から「この男性は何か違う」と意識させるのに非常に有効になります。

モテる男性は、女性と連絡を取り続けて、「女性の方からデートに誘って貰う」のを待ちます。女性は、一緒にいて楽しかったり、良く連絡を取り合っていると自然に「この人と会いたい」と思ってくれるようになます。女性が「この男性とデートしたい」と思うぐらい男性が魅力的になるべきだし、そうならないと良い女性をゲットできません。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告