恋愛に必要となる「収入が低くても人生を楽しむスキル」とは?

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

収入が低いからと言って、遊びにいけないとか、良いものが食べれないとか、友達が少ないとか、そういう状況にならない方法が世の中には存在します。そういう生活のスキルというものは、工夫と改善を重ねることによって身に着けることができるようになります。

恋愛に必要となる「収入が低くても人生を楽しむスキル」とは?

ユニクロ500円セールを購入

ユニクロの服というのは、ラックに500円で置かれているものを購入することで、何着でも新しいものを買うことができます。ズボンから、上着まで500円で売られていることがあるので、ユニクロに通って良い物を見つけていけば、かなり良い気回しができるようになります。

良い服をきこなしていなければ、異性とデートに行くこともできません。見栄えが良い新しい服装は、ユニクロで500円でセールしている所を狙って買うのが良い方法です。何着も買えるので、それだけ満足感も高くなります。

固定費を出来る限り減らす

固定費になるようなものは、出来る限り削減するのが『生活の知恵』と言えるでしょう。最も高い固定費は、家賃です。家賃をどこまで減らせるかということは、お金のやりくりする上でとても重要になります。家賃が高い場所に住めば、それだけで生活は苦しいものになってしまいます。

生活を豊かにするためには、固定の収入を出来る限り増やしていき、固定の支出をできるだけ減らすことが重要になります。毎月のようにお金が不足する場合には、固定の支出を減らすことが必要になります。

旅行にいけるように工夫する

自分の見識を広めていくためには、旅行に行くことが欠かせません。長期の旅行では、旅行中も家賃の支払いが発生してしまうことになり、ホテルと二重の支払いになってしまいます。そのため、旅行中に空き部屋を知人に貸すなどの便宜を図るのも良いでしょう。

1週間以上の部屋を空けるのであれば、家賃にすると数万円のロスが生じてしまいます。それを極力避けるためには、部屋を1度退去する形で、敷金・礼金がかからない形の新しい家に移動するようなスタイルを取るのも良いでしょう。

サバイバル能力を高くする

生活に必要なサバイバル能力を高めて、固定の収入をどんどん増やしながら、固定の支出をできるだけ減らすことを考えていくのが良いでしょう。家賃を支払わないために実家に暮らしてお金を貯めるというのは、1つの良い方法でもあります。もし、外で暮らすとしたら、敷金・礼金がかからない「シェアハウス」で生活するのも良いでしょう。

女性は、サバイバル能力が高い男性に魅了される傾向があります。年齢が高くなればなるほど、勝手に周囲も自分も固定観念を作り出して、会社・肩書き・役職に縛られるだけ縛られて、保守化していく傾向があります。そうした傾向は、サバイバル能力、判断能力を大幅に低下させることになります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告