恋愛依存症の女性が見せるヤバい実態とは?

このサイトで無料公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売していますので、恋愛を本気で考えている方は、ご購入ください。

Adsense広告

恋愛依存症は、一種の精神病とも言えるものです。恋愛依存症になっている女性というのは、薬物依存症、アルコール依存症と同じで、間単に解消できるものではありません。

恋愛依存症の女性が見せるヤバい実態とは?

自分の存在意義は男に尽くすこと

恋愛依存症の女性は、自分を好きになってくれた男性に尽くすことが自分の存在意義だと考えてしまいます。彼氏に必要とされなくなったら、自分に存在する価値がないように思い込んでしまうのです。

かなり頻繁に連絡をしないと不安

普通のカップルであれば、1日に1回ぐらい連絡wお取り合っていれば、相手の感情を確認して安心することができます。恋愛依存症の女性は、1日1回の連絡どころか、ずっと連絡を取り続けないと不安になってしまうという症状を見せます。そのため、彼氏の仕事中だろうが、彼氏が友達と遊んでいようが、お構いなしに連絡を求め続けます。

いつも「恋人を失う恐怖心」を抱えているのが特徴で、恋人から嫌われないように言いなりになろうとしてしまいます。何でも相手の好みに合わせるようになり、自分のアイデンティティが持てないような状況になってしまいます。

30代から問題が深刻化する

20代のうちは、恋愛依存症であったとしても、それほど深刻な問題になることがありません。周囲から見ると、「彼氏に熱中している女性」に見えて、周囲から「ラブラブのカップル」に見えることも少なくありません。それが30代以降になってくると、結婚・出産などが関わってくるので、深刻な問題を引き起こしていくことになります。

>30代以上の女性になってくると、同年代の男性が慎重になって20代の時のように女性からアプローチしてもカップルとして成立しづらくなってしまうのです。その結果、恋愛依存症の女性は、自分に価値がないのではないか?と精神的に不安定な状況になり、「自分を好きになった人なら誰でもいいから付き合う」など、手段を選ばなくなっていきます。

自分の生活がおかしくなる

恋愛依存症の女性は、全てにおいて恋愛している相手が最優先になっています。彼氏が優先ならまだ良いのですが、不倫相手が最優先であったり、ホストクラブのホストが最優先であったりすることもあります。とにかく恋愛している相手に自分の全てを捧げてしまおうという傾向があります。

いつも恋愛している相手のことばかり考えているので、1人で過ごす時間を全く楽しめなくなってしまい、1人でどのように過ごせばいいのか分からなくなります。自分のことが全て後回しになってしまい、自己管理が疎かになってしまう傾向があります。

恋人がいない恋愛依存症

恋愛依存症の女性に恋人がいない場合、もしくは今の彼氏とうまくいかなくて恋人を探している場合には、そのことを異常に気にして、好きでもない相手と付き合ったりすることがあります。しかし、好きでもない相手と一緒にいると疲れてしまうので、すぐに別れることになってしまいます。

恋愛依存症で30代になって「恋人がいない」状況に陥ると、出会い系サイトなどで若い男をあさり、そこで自分に言い寄ってくる男とワンナイトを繰り返すようになったりしていきます。もちろん、そうした姿をみた友人たちは、呆れ果てて恋愛依存症の女性から離れていき、友人が少なくなって孤立する傾向があります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告